乾燥肌のスキンケア方法

乾燥肌が気になるからといって、洗顔などのスキンケアを十分に行わないと、お肌のターンオーバーが促されずに、お肌の角質が厚くなってしまうことで、別の肌トラブルを誘発しかねません。乾燥肌に合わせたスキンケアをすることで、お肌の生まれ変わりを促すことができます。乾燥肌のスキンケアには、どのようなものがあるのでしょうか。

優しく洗顔をする

乾燥が気になるからといって、適切な洗顔を行わないでいると、毛穴に詰まった汚れが原因となって、ニキビなどができやすくなる場合があります。乾燥肌が気になる時には、お肌に優しい使い心地で、保湿効果のある洗顔料を使用すると良いでしょう。さらに、毛穴の奥の汚れを吸着する働きのものであれば、より効果的にお手入れをすることができます。洗顔をする時は、ネットなどを使用して、洗顔料をしっかりと泡立ててから、泡で包みこむように優しく洗顔するようにしましょう。

保湿を十分に行う

洗顔後は時間をあけずに、すぐに保湿をするようにしましょう。こうすることで、お肌の乾燥を防ぐことができます。お肌の乾燥が気になる場合には、お肌に刺激の少ない無添加の化粧水を使用すると良いでしょう。無添加の化粧水の中でも、しっとりとする使い心地で、保湿効果の高いものを使用することで、お肌に潤いを与えることができます。その後で、お肌が長時間、水分を保持することのできるような美容液を使用すると、よりお肌の保湿効果を高めることができます。保湿効果が高い成分といえば、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどがありますが、このような成分が配合されたものを使用すると良いでしょう。

定期的にパックをする

パックは、お肌の保湿効果を高める働きがあります。パックは様々な種類がありますが、お肌の血行を促しながら、必要な潤い成分を補うことができるようなパックを使用すると、より効果的にお手入れをすることができます。毎日のお手入れの中で、保湿効果の高いパックをする習慣を持つようにすると、さらにお肌の保湿効果を高めることができます。

乾燥肌の正しい洗顔方法

お肌が乾燥している時は、保湿効果の高い洗顔料を使用することで、通常の洗顔料よりも、洗顔後の肌の乾燥を軽減することができます。しかし、洗顔の方法が間違っていると、お肌をさらに乾燥させてしまうことになりかねません。正しい洗顔方法を身につけて、お肌に負担をかけないようにしましょう。

洗顔料を泡立てる

顔全体を、人肌くらいの温度のお湯で何度かすすいだあと、洗顔料を使用して洗顔をします。こうすることで、毛穴の奥の汚れなどが落ちやすくなります。洗顔料を泡立てずに、そのまま顔に擦りつけるようにして洗顔をすると、お肌がますます乾燥してしまうことがあります。洗顔をする時は、泡立てネットなどを使って、洗顔料を泡立てるようにしましょう。生クリームのような泡の状態になるまで、しっかりと泡立てたら、泡を顔全体に優しく馴染ませましょう。

泡でマッサージするように洗顔をする

泡を顔全体に馴染ませたら、まず、皮脂の分泌が多い箇所である、おでこや鼻を優しく丁寧に洗います。指の腹を使って、小さな円を描くようにしながら優しくゆっくりとマッサージをするように洗います。肌をゴシゴシ擦るように洗うのではなく、泡を使って丁寧に洗うようにします。次に、頬の部分を大きく円を描くように優しく洗います。頬は乾燥しやすい部分であるため、洗う時間を短めにするようにしましょう。次に、顎の部分を洗います。顎の中央から外側に向かって、優しく丁寧に洗います。

ぬるま湯でしっかりとすすぐ

洗顔が済んだら、人肌くらいの温度のぬるま湯で、洗顔料をしっかりとすすぎます。顔全体を洗い流したら、今度は、髪の生え際をしっかりとすすぎます。髪の生え際は洗顔料が残りやすい箇所でもあるため、すすぎ忘れがないようにしましょう。ぬるま湯ですすいだ後は、毛穴を引き締めるためにも、最後に冷たい水ですすぐようにします。

柔らかいタオルで水分を拭き取る

洗顔の後は、タオルで水分を拭き取りましょう。この時、お肌に優しい柔らかい素材でできたタオルを使用すると、お肌に負担を与えずに済みます。タオルでお肌を擦るように拭くのではなく、優しく押えるように水分を拭き取るようにしましょう。

乾燥肌が気になる時の化粧品の選び方

乾燥肌が気になっている場合でも、女性の多くは、外出する際には、どうしてもメイクが必要となることが多いものです。お肌が乾燥している時には、どのような化粧品を選ぶようにすると良いのでしょうか。

ファンデーションの選び方

ファンデーションの中には、化学合成物質を含んでいるものが少なくありません。通常のお肌の状態でも、このような成分が入っているファンデーションは、あまりおすすめできませんが、お肌が乾燥している状態である場合、このようなファンデーションの使用は避けた方が良いかもしれません。お肌が乾燥している時は、お肌のバリア機能が低下しているため、刺激が強すぎるのはもちろんのこと、このような成分によって、肌トラブルを誘発してしまうことがあるからです。お肌が乾燥している時に使用するファンデーションは、できるだけ無添加で、お肌に優しいものを使用すると良いでしょう。さらに、ファンデーションの中に、保湿効果のある美容成分が配合されているものであれば、使用することでお肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ効果を期待することができます。

クレンジングの選び方

メイクをしたら、その日の終わりにしっかりとクレンジングをする必要があります。メイクをしっかり落としきれていない場合、毛穴の奥にメイク汚れが詰まったままになり、肌トラブルの原因となってしまいます。クレンジングは大切であるものの、油分を落とし過ぎるものを使用すると、お肌の乾燥をますます悪化させてしまうことがあります。クレンジングを選ぶ時には、できるだけ汚れをしっかりと落としながらも、油分を取り過ぎないようなものを選ぶことが大切です。クレンジングの中には、合成界面活性剤が配合されているものがありますが、このような成分は、乾燥肌に悪影響を与えてしまうことがあります。そして、できるだけ拭き取りタイプのクレンジングは避けた方が良いかもしれません。お肌を擦るようにメイクを落とすと、乾燥肌には刺激が強い過ぎるからです。クレンジングを選ぶ時は、自然由来の成分が配合された、無添加でお肌に優しいものにすると良いでしょう。その上で、優しくメイクを浮かせて、洗い流すことができるものであれば、お肌に負担を与えずに済みます。